先輩社員の声 [新卒採用]Interview 06

現職
証券システム事業部
入社
2015年
学科
商学部
出身
北海道 札幌市
趣味
スポーツ(バスケ)、お酒を飲むこと

あなたの入社動機を教えてください。

学生時代の頑張りを評価してくれた

学生時代にプログラミングに触れる機会があり、ものづくりの楽しさを感じていたので、もともとSEという職種に興味を持っていました。IT業界の中でもDSB情報システムは証券に強みを持っており、大学時代に学んだ金融の知識を活かせると考え、志望しました。選考を進めていく中で、学生時代の頑張りを特に評価してもらい、頑張りをしっかりと認めてくれるこの会社で一人前のSEになりたいと思い、入社を決意しました。

お仕事の内容を教えてください。

証券システム開発の要件定義〜設計工程を担当

証券会社が共同で利用するシステムの開発を担当しています。仕事内容は、制度変更やお客様からの改善要望に対して、要件に基づいたシステムを設計し、作成したプログラムが想定どおりに稼働するかテストをします。SEといえばプログラミングのイメージが強いですが、現在の所属部署では、プログラミングなどの開発工程は中国のオフショア開発ベンダーに依頼することが多く、要件定義〜設計工程を担当することが多いです。

DSB情報システムに入社して良かったことは何ですか?

意欲があればどんどんスキルアップして、
成長を実感できる

一番は、成長を実感できていることです。研修制度の充実や、資格取得奨励金制度など、成長のための環境が整っています。現場では、希望すれば若手でも様々な業務を担当することができるため、学んだことを実践する機会も豊富です。先輩社員のサポートも厚く、意欲があればどんどんスキルアップできます。また、努力をしっかりと評価してもらえるため、モチベーションを高く維持できています。

就活生へのメッセージをお願いします。

入社してみると、同期の約半数は文系出身でした

文系出身の私に、SEといういかにも理系な仕事が務まるか、入社前は不安しかありませんでした。いざ入社してみると、同期の約半数は文系出身。文系出身の先輩社員の活躍を耳にすることも多く、不安はすぐになくなりました。入社後の研修制度も充実していますし、文系出身でも努力次第では1年もあれば、SEとして期待される役割を果たすことができます。大事なのは出身学部ではなく、やりたいことや仕事への意欲だと思います。

1日のスケジュール (例)

8:45 出社、メールチェック
9:00 担当プロジェクト業務(調査/資料作成など)
11:50 昼休み
12:50 担当プロジェクト業務(テスト実施/打合せなど)
19:30 退社

経歴

まずはシステムのプロフェッショナルになろうと考えています。その後、ITに強いゼネラリストとしてマネジメントに進むか、スペシャリストとして専門性を追求するかは、これから決めていくつもりです。
                

エントリーはこちら!

マイナビ、リクナビのいずれかのサイトよりお申し込みください。

2020年3月卒対象
インターンシップはこちら!

インターンシップのエントリーは、マイナビ、リクナビのいずれかのサイトよりお申し込みください。